1. ホーム
  2. 建設業・測量業
  3. File-Let(ファイレット)

オフィス

File-Let(ファイレット)


ペーパレスといわれる情報化社会ですが、文書・図面・写真・・・常に頭の中では「紙」をイメージしているのではないでしょうか。「File-Let(ファイレット)」その紙イメージを大切にし、直感的にデータの「整理」「検索」「閲覧」ができる電子ファイリングソフトです。


File-Let(ファイレット)

スマートに、分りやすく整理

一味違うサムネイル表示・情報リスト表示
サムネイル/サムネイル+情報/情報カードリスト、表示方法は3種類。独自のサムネイルは、情報内容が直感できますので、必要なデータが目で確認できます。大きさも変更でき、作業しやすい環境を提供します。

「つまんで、ポン」で簡単登録
「つまんでポン」。ドラック&ドロップで簡単にデータを登録でき、サムネイルも自動作成します。データの並べ替え等の整理も紙書類を差し替えるイメージで行えます。

紙イメージで明瞭整理
ドロア(引出し)→バインダ→見出し、データの整理は、オフィスで書類や図面を保管するのと同じイメージです。シンプルな構造は、オフィスのメンバー全員で使える環境です。


スピーディに、紙イメージで閲覧

図面・写真・文書をペラペラめくり
さまざまなデータを閲覧できる高速ビュア。まさに紙の書類をペラペラめくるイメージです。必要な情報を探す最もシンプルで有効な手段で、プレゼンテーションにもよりいっそうの効果と訴求力が期待できます。
ドキュメントビュアであらゆる書類を高速閲覧
ワープロ文書、CAD図面がデータの種類を意識する事なくハンドスクロール、パニング等同じ感覚で閲覧できます。距離計測・面積測定も可能です。また、ドキュメントライターで印刷結果を元データと一緒に管理することで、さまざまなAPソフトで作成した書類を丁合いし、最終成果品にまとめたイメージで閲覧することもできます。
さまざまな書類をタイトル表示
分散作業に便利なアノテーション機能
コメントや図形を追記するアノテーション機能。作業途中の図面に指示を記入したり、ページリンクを可能とするハイパーリンク機能も備えています。ネットワーク環境において、情報・知識の共有化、分散作業に力を発揮します。


シンプルに、素早く検索

オリジナルの条件で絞込み、簡単検索
タイトルや作成者などの条件で検索できるのは、もちろん、設定したオリジナルの分類でデータの絞り込みが可能です。複数の分類を用意することで、イメージ通りの検索が行えます。例えば、「道路」という分類で絞り込み、かつ「○○地区」、かつ「平面図」といった具合に、順番に確認しながら進めることができます。
分類絞込み さらに分類絞込み
カスタマイズ可能な情報カードで高度な検索
データを管理する情報カードは、項目名の変更、項目の追加などカスタマイズが可能です。この情報カードの内容によって高度な検索を行います。また、情報カードの備考欄のあるキーワードで検索することもでき、瞬時にデータを抽出します。※カスタマイズには一部制限があります。
情報カード項目で一発検索


ネットワーク環境で集中管理

LAN環境で情報共有
ネットワーク上で、データの共有を実現します。オフィスの共有キャビネットと自分専用のキャビネットのイメージです。もちろん誤ってデータを削除したり、改訂時の記録を残し、改訂前のデータを確認したりといった履歴管理など共有情報管理をサポートします。

セキュアなユーザー管理・アクセス制限
管理者におけるユーザー登録を行いアクセス権を管理します。ユーザーのグループ化も可能です。また、ドロア/バインダごとにビュア・複写・変更などアクセスの制限を設定できます。


便利なデジタルオフィスツール

閲覧プログラム付CD活用法
整理したバインダをビュアソフト付きでCD-Rなどのメディアに書き出し。メディアだけで整理したそのままのかたちで閲覧できます。自動起動時のタイトルをオリジナルで作成することもできるので、データ納品やプレゼンメディアとしても有効です。ビュアソフトが無償なので利用範囲も広がります。

作業行程のプラットフォームとして利用
さまざまなデータを整理し、閲覧だけではなく、APを起動できますので、作業行程のプラットフォームとしても活用できます。CADデータなど、ビュア画面から一部分をコピーし、文書に貼り付けたり、AP連動でPDFファイルを一括作成することも可能。また、プレゼンテーションのナビゲーターとして利用できます。
Webによる情報公開ページを簡単作成
整理したバインダをHTML形式に書き出すことで、簡単に情報公開用のWebページを作成できます。成果集/フォトギャラリーなど「構築したデジタルコンテンツをインターネット上で公開したい!」というご要望にお応えします。


大判周辺機器とコミュニケーション

TWAIN対応の入力機器、各種出力機器と連携。汎用的なスキャナやデジタルカメラからデータを取り込みます。大容量のデータを得意としますので、A0やA1などの大判周辺機器とのコミュニケーション環境で活用できます。大判の図面をスキャナで読み込み→ラスタ関連APソフトで編集→CADで利用し、最終成果作成→出力→データ管理といった流れをスムーズにサポートします。

このページのトップへ